高濃度な次世代の水素水で生活に新たな潤いを。

従来の水素水の概念を覆す驚きの高濃度。

水に溶けこませるのでなく気体の水素をそのまま飲むことを可能とした次世代の水素水サーバー、それがハイブリッドH2サーバーです。

いつまでも綺麗で若々しく健康でいるために。
他の水素水じゃ満足できないあなたに。

生活のパートナーになる水素水サーバーがここにあります!

濃度20,000ppmの水素水

一般的に水素水の濃度といえば1ppm前後あたりが多く、それでも高濃度と言われています。

そんな中、ハイブリッドH2サーバーが生成する水素水は20,000ppm(水素ガス2%)という驚きの数字ですよね。

すごい!というより、むしろ差がありすぎて逆に疑ってしまうのではないでしょうか?そんな高濃度っていっても効果ないんじゃない?と。

でも、これだけの水素水を作ることができる秘密を知ればきっと納得してもらえるはずです。それどころか、今の水素水じゃ物足りなくなってしまうかも・・・?

その秘密は水素を飲む

いや、水素水ってそういうことなんじゃないの?と思われた方。固定概念を取っ払っちゃいましょう!

実は水素というのは別に水に溶かして飲まなければいけないものではないんですね。発生器から吸入してもいいですし、入浴剤を使っても水素を体に取り入れることは可能なんです。

でも、それらの方法って結構手間なんですよね。その点、水であれば毎日飲むものです。蛇口をひねれば水素水がでるようにしておけば自然と飲むことができます。

ドラッグストアなどで売られているパウチタイプものや一般的な水素水サーバーは水に水素を溶けこませる方法をとっていることが多いんですね。

誰もが驚く高濃度水素水の作り方の秘密は、まさにその作り方にあります。

ハイブリッドH2サーバーは溶存にこだわらず、特許技術により細かな水素の気体と水を混ぜ合わせることにより水素水を作ります。

なんとバブリングしたあとは水が白濁してしまうほどの気泡の量なんです!

水を飲むのではなく気体の水素を飲むという表現は本当にその通りだと実感していただけます。

大切な体のために、確かなものを

美容に、健康に、最近は水素水が身近に感じられるようになりました。

関連する商品も数多く展開されており、どれがいいのか迷われることでしょう。
サーバーの大きさ、いっぱい機能が付いている、いやいややっぱり価格が大事・・・。

どれを選ぶにしても、使うのは1回きりじゃないはずです。

健康は一日にしてならず。水素水はずっと続けてこそ効果が現れるものです。

と、いうのもハイブリッドH2サーバーはそんなに安いものじゃありません。

でも5年、10年と長い期間で考えた時に、パウチタイプを飲み続けるよりも確実に安いですし、飲むだけじゃなく美容目的でリンスやパックにも使えたり料理にも使えたりと幅広く活用できるのもサーバータイプのメリットの一つです。

これほど高濃度な水素水を生成できるものは他に類を見ないので、選ばれる際に濃度を重要視されるのあれば間違いのない商品となっています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ