活性酸素について

水素水の健康や効果などを調べていると必ず出てくる「活性酸素」という言葉。

何やらコイツが体の中で悪さをしているようだということはぼんやりと認識していても、じゃあ具体的に活性酸素ってどう体に悪い影響を与えていて水素水とどう関係するのかと聞かれると首を傾げてしまうのではないでしょうか

そこで、活性酸素とはなにものなのか!?に焦点をあててまとめました。

もちろん、水素水との関連もわかりやすく解説しますよ〜。

活性酸素とは?

なんだか悪いイメージがついてしまっている活性酸素ですが、実は我々の体には必要な物質なんです。

体内に細菌やウイルスが侵入してきた際に、白血球が反応して撃退するということはご存知かと思います。

その白血球が細菌などをやっつける時に使うのが活性酸素なんですね。

ですので、活性酸素は体の免疫システムとはふかーい関係がある、なくてはならない重要な要素だったんです。

ただ、ウイルスなどをやっつけることができるということは、それだけ毒性も強いということ。さらに、悪玉や善玉といった分類にわけられることもあります。

ポイントは体に不必要な活性酸素を出来る限り発生させないようにすることと、抗酸化物質を取り入れるということです。

善玉と悪玉

乳酸菌などでよく善玉菌や悪玉菌という言葉を聞くのではないでしょうか?実は活性酸素にも善玉と悪玉が存在します。

まず、活性酸素の種類ですが主に下記の4種類があるのですが・・・

スーパーオキシド 過酸化水素 一重項酸素 ヒドロキシラジカル
体内に異物が侵入した際に、一番最初にしかも大量に発生する。酸化力は弱い。 常に体内に発生しており、他の活性酸素に比べて安定しているため寿命が長い。 紫外線などの刺激により発生します。皮膚のタンパク質などが酸化されると肌のみずみずしさやハリがなくなってしまいます。 寿命は短いものの強力な酸化力をもち、あらゆるものに反応します。その結果、ガンや老化、生活習慣病といったきっかけになっていると言われています。

この中でスーパーオキシドと過酸化水素が善玉、一重項酸素とヒドロキシラジカルが悪玉と言われています。
しかし、善玉といっても体に無害なものではなく反応する物質によってはヒドロキシラジカルに変化してしまう可能性を持っているのです。

どうやったら増えるの??

活性酸素はあらゆることをきっかけに発生しています。例えば、息をしているだけで。

生きていく上で呼吸をして体内に酸素を取り入れることは必須なのですが、そのうちの2%〜3%ほどは活性酸素になっていると言われています。なので、どれだけ気をつけていても発生させないということは不可能なんです。

しかし、気をつければ発生を抑えることができる原因もたくさんあります。

喫煙や過度の飲酒、紫外線や油の多い食事、さらにはストレスなど、日常生活で負担になるようなことが活性酸素を増やしてしまう原因となっているようです。

ですので、規則正しい生活習慣と食生活を行うことで活性酸素のコントロールが出来るわけです。

とはいっても、今は競争社会・ストレス社会と言われていますよねぇ・・・。きちんと生活出来ていればそりゃ苦労しないよ!という声が聞こえてきそうです。

そんな時には、普段の食事の中に抗酸化物質を取り入れることをおすすめします!

抗酸化物質ってなに?

抗酸化物質とは活性酸素を除去する効果を持つと言われているもので、実は私達の体には抗酸化力というものが備わっています。しかしながら、20歳前後で人間の老化が始まるとされており徐々に抗酸化力も低下してしまうのです。

そこで、日々の食事にて抗酸化物質を多く含まれる食品を摂取することにより、活性酸素の増加を防ぐことができると言われています。

抗酸化物質が多く含まれる食品としては、ブルーベリーや大豆、お茶、緑黄色野菜、にんにくや海藻・きのこ類などが挙げられますが、その中でもバナナは非常に優秀な食品だそうです。

いずれも大量に摂取すればいいというわけではなく、バランスよく摂ることが大切です。

水素水と悪玉活性酸素

では、水素と活性酸素との関係はどうなのでしょうか?

実は水素も抗酸化物質の一つとされており、悪玉活性酸素とのみ反応して水に変化し無害な水となって排出されるのです。しかも、水素分子はあらゆる物質の中で小さいため体の隅々にまで行き渡るとされています。

その上、大量に摂取しても活性酸素と結びつかなかった水素は呼気と一緒に体外へ出て行くため体内での残留の心配もありません。

ですので、いま水素は最強の抗酸化パワーを持つのではないかと世界中から注目されているのです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ