水素水に副作用や危険はないの?

水素水にはさまざまな効果があると言われている反面、医療的・科学的根拠に乏しい情報も多いため利用するのに戸惑う方もいらっしゃると思います。

しかしながら、最先端の研究が続けられており論文や臨床実験で成果を挙げている報告などもあります。

そこで、今回は水素水の副作用や危険性について調べたことをまとめました。

実は水素水に副作用はない

水素というと電池に使われていたり飛行船に使われていたりなどで、ちょっと扱いを間違うと危険な物質という印象を持たれている方もいるようですが、実はそうではありません。

宇宙で一番多く、一番軽い原子として存在しているのが水素なんですね。微量ではありますが空気中にも含まれており呼吸していると知らずのうちに体内に入っているのです。

そもそも、水素は1995年に厚生労働省によって食品添加物に認可されて以来、継続して安全性の調査が行われています。アメリカでも同じように食品添加物に認定されているんですよ。

そして体内に入った水素は悪玉活性酸素とのみ結びついて水となって排出されます。水素水を飲むとトイレが近くなるといった口コミが多いのですが、これが理由だと考えられます。副作用、と捉えることもできますが好転反応とみることもできますね。

では、何とも反応しなかった水素はどうなるのでしょうか?

実は、そのまま呼気などと一緒に体外に排出されます。なので取り過ぎても問題ないようです。

赤ちゃんのミルク作りに水素水を利用する方もいらっしゃるようですね〜。

水だけじゃない!水素を使った商品はこんなにもあった!

今や広く知れ渡った水素水とその効果ですが、水素を使った商品はいっぱいあるんです。

  • 化粧品
  • 入浴剤
  • サプリ

特に種類が多いのは化粧品で基礎化粧品やパック、クリームなどさまざまです。

こうして見ていると健康よりは美容の方が商品展開は多いと感じます。化粧品などは直接肌に使うものなので、それこそ安全なものでないと使えませんよね。

まだまだ研究が続けられている水素。

今は薬事法の関係などで具体的な効果効能は表示できないのですがいずれは大手を振って表示できるのももうすぐかもしれません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ