水素水でツライ肩こり・腰痛が治るってホント!?

肩が張る、首が回りにくい、長時間座ると腰がツライ・・・

多くの人が悩んでいる肩こりや腰痛。厚生労働省が平成25年に行った国民生活基礎調査では世帯員の健康状況という項目の中に自覚症状の状況というものあります。

それによると男性の1位が腰痛で2位が肩こり、女性の1位が腰痛で2位が肩こりと、どちらもトップ2に入るほど自覚症状として認識してる人が多いんですね。

パソコンやスマートフォンが普及したいま、このツライ痛みをなんとかしたい!という悩みが増えています。

そんな中、美容や健康で注目を集めている水素水が肩こりや腰痛に効くとの情報をまとめましたのでご参考ください!

肩こり・腰痛の原因は筋肉の疲れ

肩こりや腰痛の原因の一つに筋肉疲労というものがあります。その名の通り筋肉が疲労してしまうことを指すのですが長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が悪いまま座っていたりすると筋肉が疲れてしまい硬くなります。これがハリやコリなどの痛みとなって表れてくるのです。

怖いのが、痛みを通り越してシビレが出ること。筋肉が硬くなってしまうと血流が悪くなってしまうと脳に酸素や栄養がきちんと届かなくなるため手足にシビレなどの症状が出てしまう危険性もあるのです。

そして、人の頭は体の中でも一番重い部分でそれをささえているのが首です。頭の重さは体重の8~13%と言われており、60kgの人だとおよそ6kgほどを首の筋肉や骨でささえています。

デスクワークやスマホを見たりで前かがみの姿勢が多くなることも、筋肉に負担をかける原因になてしまうんですね。

痛みやハリ・コリはマッサージや入浴などで一時的にはよくなるものの、時間がたつとまたすぐに症状がでてしまうなど慢性的な肩こりや腰痛が深刻化しています。

表層筋と深層筋って知っていますか?

先ほど、肩こり腰痛は筋肉が関わっているというお話をしたのですが、その筋肉って何層にもなって私たちの身体を作っているって知っていましたか?

キーワードは表層筋と深層筋。

表層筋とは鍛えて目に見える筋肉です。ムッキムキの人のは表層筋なんですね。反対に深層筋とは普段あまり意識していない部分でインナーマッスルとも呼ばれます。

肩こりがツライと、マッサージしてほしくなりますよね?ぐぅーっと押されたり伸ばされたりするとスッキリ気持ちいい!でも、翌日になるとまたツライ・・・

いわゆる慢性的な肩こりというやつで、しばらくは我慢できるけどまたマッサージにというループを繰り返していませんか?

実はマッサージやシップ・塗り薬などで楽になるのは表層筋だけのことが多く、その下の深層筋の疲れにまで届かないんですね。(整骨院などでは深層筋にまで届く指圧をしてくれるところもあります)

深層筋の疲れや痛みが取れないといつまでたっても肩こりを根本的に治すことはできません。

水素水と肩こり・腰痛の関係

では、水素水に肩こりや腰痛を治す効果があるのでしょうか

実は水素水そのものは肩こりや腰痛に対しての効果効能というのはありません。というのも、薬事法(旧:薬機法)で水素水で○○が治る!とは言い切れないのです。

ただ、近年の研究において水素に消炎作用があることや血行をよくさせるということが分かってきています。また、水素は一番小さい分子なので体内の隅々にまでいきわたることも判明してます。

ということは、表層筋や深層筋などにまで行き届き血行がよくなり炎症を抑えることにより肩こりや腰痛が楽になるのでは・・・ということですね。

そんな水を飲んだだけでそれだけの効果があるの?と疑問に思われるかもしれません。しかし、水素水は様々な業界から注目を浴びており研究がされ続けています。

整形外科や整骨院などでも利用されているところが多いようです。

効果的な水素水を選ぶポイント

病院などでは大型の水素水サーバーが導入されているので、それを自宅ではさすがに・・・と思われるかもしれません。

じゃあ通販やドラッグストアで手軽にパウチタイプを・・・

ちょっと待ってください!!

水素水は飲んですぐに効果が表れるものではありません!青汁などと一緒で長く飲み続けることが大切なんですね。

手軽に飲めるパウチタイプは1個当たりが安く感じられるかもしれませんが、例えば1本300円のアルミ水素水を1か月(30日)飲むと9,000円になります。

1年間(12か月)飲むと・・・9000 x 12で108,000円と、10万円も超える出費になるんですね。

それなら水素水サーバーを導入したほうが断然安いんですね。

水素水サーバーといっても大きなものではなく電気ポットのサイズのものやバッグに入る水筒タイプのものまで様々です。

あなたのライフスタイルに合った水素水を探してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ