卵子の老化に水素水?不妊治療との関係

現在、様々な不妊治療が広まっている中で水素水が注目を浴びています。キーワードは「卵子の老化」。卵子は精子と違い新しく作られるわけではなく、もともと持っているものが成熟して排卵となります。そして、卵子も細胞である以上、酸化というストレスに影響を受けてしまうのです。

不妊治療や妊娠しやすいカラダづくりとして体内環境・生活環境の改善やストレスフリーな環境を整えたりすることがあるのですが、その中で卵子の素や細胞の老化をしないようにするために水素というキーワードが出てきているんですね。

卵子の老化を防ぐ

正確には、卵子の素となるものの老化を防ぐということですが、私達の細胞は活性酸素により日々酸化ストレスにさらされておりDNAレベルでダメージを受けたりすることにより病気になりやすくなったりしてしまいます。卵子の素が老化するということは妊娠がむずかしくなってしまうということです。

酸化は呼吸をして体内に酸素を取り入れているだけでも進行してしまうので、完全に止めることはできないためうまく付き合っていかなければなりません。さらに年齢を重ねるごとに活性酸素が増加していくため、できるだけ酸化を抑えるために抗酸化が勧められているのです。

では抗酸化するためにはどうすればいいのでしょうか?

まず大切なのは生活習慣を整えること。不規則な生活や飲酒・喫煙は活性酸素を増やす原因となります。不妊治療中としては基本的なことかもしれませんが、規則正しい生活はやはり大事なことです。

そして外部から抗酸化物質を取り入れるということ。実は体内でも抗酸化成分は作られているのですが、それが追いつかないために老化してしまいます。

抗酸化を期待できる栄養素としてはビタミンEやCなどの抗酸化ビタミンや、ベータカロテン・リコピンなどのカロテノイド、補酵素類として亜鉛や鉄などがあげられます。いずれも、規則正しい食生活を行っていれば摂取できるものです。

【参考】カラダの“酸化”は老化の原因に…始めよう!抗酸化生活!

最近はバナナが抗酸化に優れていると言われていますがカロリーや糖分が高いため食事制限がある方は注意が必要です。

そして、副作用がなく体の隅々まで行き届くと注目の抗酸化物質が水素です。水素は分子が小さく拡散によって体中に浸透することが判明しているため、食物やサプリメントから摂った抗酸化物質よりも広く影響を及ぼすのです。

水素、というと水素水が思い浮かぶかもしれませんが実は摂取方法は他にもあります。例えば、水素発生機からそのまま吸い込む吸入方式やお風呂に水素発生機を入れておくような水素入浴などライフスタイルにあった方法を選べるのも魅力の一つですね。

【参考】卵子の老化:不妊治療と水素浴

酸化ストレスを減らすと精子にもいい影響がある

一方、精子は卵子と異なり毎回新しいものが作られますが、活性酸素による酸化ストレスにより濃度や運動機能などの低下に繋がってしまうことが臨床実験などから判明しています。

日々の仕事のストレスや不規則な生活が活性酸素増加に繋がりますのでまずは原因を出来るだけ排除することが大切です。とは言え、競争の激しい現代社会ではなかなか生活環境の改善というのは難しいものですよね。

そうはいっても何もしないわけにもいきませんからまずは抗酸化の栄養素が入っているサプリメントなどで摂取することもひとつの手です。ただし、十分に栄養がとれているのにサプリを飲むと栄養過多となり逆効果な場合もありますので気をつけてください。

難しいけど、生活環境の改善が第一です。

【参考】はらメディカルクリニック コラム:日本卵子学会【培養部】

不妊治療は二人揃って歩んでいくものですので、日々の生活環境を見直して適した抗酸化成分を取り入れてくださいね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ