ミトコンドリアを活性化してダイエットができるってホント!?

ミトコンドリア。

中学校、理科の生物の時間に出てきた細胞とかDNAとかと一緒に習ったやつです。ミートコーンドリア、とかネタにされてたのもいい思い出。おそらく、もう一生会わないと思ってた。

思ってたのに、まさかミトコンドリアがダイエットに効果があるなんて!

その実態を解明すべく、調査しましたのでご参考ください。

あ、最近よく、ミドリムシのサプリやドリンクが話題になったりしていますがミトコンドリアとミドリムシは違うものなのでお気をつけ下さい。

ミトコンドリアとは

そもそも名前は聞いたことがあるけど、ミトコンドリアってなんなんでしょうか?

ミトコンドリアは真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与する。酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。

— wikipedia ミトコンドリア

なるほど、わからん

簡単に説明すると、ミトコンドリアはほぼすべての細胞の中に存在しており、酸素を取り込み体内の糖質や脂質などと反応してATPという私達のエネルギー源となるものを作ります。このエネルギーを使って筋肉を動かしたり食べ物の消化をしたりしているんですね。

つまり、ミトコンドリアは代謝に深く関わりがある重要なポイントだということです。それだけでなく、ミトコンドリアが正常に機能しないと、肌が荒れやすくなったり疲れが取れにくくなったりと悪影響なことばかりなのです。

基礎代謝とダイエットの関係

さて、話は変わってダイエットというとどんなことを想像しますか?

定期的な運動や厳しい食事制限。回転台の上でビフォーアフター・・・etc。

どれも方法は違えど根本的な部分は共通しています。

いわゆる『摂取カロリー < 消費カロリー』という式ですね。ざっくりと説明すると、食事制限は余計なカロリーを摂らないため、運動はカロリーを消費するためです。

実は消費カロリーを増やす方法は運動だけではなく、基礎代謝を上げるという方法があります。

私達の体は生きていく上で最低限の生命活動を維持するために何もしなくてもエネルギーを使っているのですが、これが『基礎代謝』と言われるものです。基礎代謝を上げることによって、今まで通り生活していても消費するエネルギーが増えるのでダイエットになるというわけなんですね。

一般的に基礎代謝を上げるためには筋トレをするとよいとされています。中でも足の筋肉を鍛えると基礎代謝が上がりダイエット効果があるといわれていますが、前述のミトコンドリアも、基礎代謝に関係があるとご説明しました。

と、いうことはミトコンドリアをガンガン増やしてみっちり働いてくれればダイエットになるんじゃない!?ということですよね。

しかし、そう簡単にはいかないんですねぇ・・・

ミトコンドリアは歳とともに減っていく

なんでも歳とともに減っていくのは悲しいことなのですが、ミトコンドリアも例外ではなく加齢と共に減少していき、機能の低下なども起こってしまいます。

つまり、基礎代謝が落ちてしまうということなんですね。

若い時はどれだけ食べても太らなかったけど、年をとるとお腹まわりが・・・というのは基礎代謝が落ちてしまうのが原因なんです。

でも安心してください!基礎代謝は上げたり活性化したりすることができるんです!

水素水がミトコンドリアを刺激する

ダイエットのキーワードである代謝にミトコンドリアが関係しているならしっかりと機能するようにしてあげなければなりません。

ミトコンドリアの機能アップにはバランスの良い食事、適度な運動などいわゆる規則正しい生活習慣が大事になってきます。

なんだ、そんなことか・・・と思わないでください!

実は今話題の水素水はミトコンドリアを活性化させることができるのです。

ミトコンドリア活性化→基礎代謝上がる→今までどおりの生活でダイエットができる!

水素水がダイエットに効果があると言われる理由はこういうことなんですね。

他にも、水素水は美容に使ったりもできますので一石二鳥!

副作用もなにもなく、飲み続けるということさえすればきっと身体に良い変化が起きることでしょう。

※なお、冒頭にもご説明しましたがミトコンドリアとミドリムシは別物なのでご注意を!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ